2017年10月9日月曜日

R-590の準備と昨日の確認

全日本決勝に向けて、規定機種のR-590を追加で準備しています。といっても、まだ2機目。



この機体の調整はとっても難しいですね。バルサ胴のバラつきのせいもあるのでしょうが、ちょっと触っただけで随分と上昇パターンが変わってしまいます。



でも、何とか調整の目途がつきました。水平尾翼は仮付けなので、あとで本接着して、また後日に調整します。



一方、昨日のJAPAN CUPで突然違和感を感じた機体の確認をしました。
見た目、主翼には異常はなく、強度的に低下している部分もなさそうです。なので、実際にフライトさせてじっくり見てみます。

ちょっと、調整は必要でしたが、ほとんど問題がないように感じます。
何だったんだろう?

と、突然上昇パターンがぐにゃっと変わってきました。
やはり、主翼は健全な状態を維持しています。

そこで気が付いたのが、水平尾翼。
下の画像で分かりますか?(奥の芝生にピントがあってしまって、肝心な尾翼はピンボケですみません。)
朝露で吸湿した紙が伸びて、フタコブキャンバーがついてしまっています。裏打ちの影響です。これが発航時にペコペコするんですよね。昨日も午前中は朝露がすごかったので、これが原因じゃないかなと考えました。(ちょっと強引なんですが。)


乾燥すると元にもどるとは思いますが、念のために水平尾翼だけ新規に作り直そうかな?
紙飛行機の吸湿対策は難しいですね。


2017年10月8日日曜日

やったぜ優勝! 第2回 JAPAN CUP

今日は、秋田から、九州から強者が揃いました。
今日のブログは、ちょっと長いですよ。

今回、ワタクシは夏にデビューした新型機で臨みました。この新型機のデビュー戦です。ただ、準備できた機体が少ない。11月の全日本決勝を考えると、一機も失いたくない。このJAPAN CUP5投を1ラウンドとして3ラウンド勝負です。この前後の練習調整を考えると、従来だったら、4機ぐらい壊すか視界没にするかで、損耗してしまう計算になります。
でも、今日は珍しく風が弱いので、視界没になるリスクは低そう。ということは、失投しなければ良いんだ。丁寧に投げよう。



到着した時点では、まだ紙飛行機パイロットはちらほら。


でも、開会式の時間が近づいてくると。。。
だんだん増えてきました。


開会式です。
持ち回りの優勝カップにメダル。
今年は誰が優勝するんだろう。


開会式が終わって1ラウンド目。今回は呼び出し方式なので、サーマルを選べないのですが、サーマルを読めないワタクシにとっては、逆に有り難いかも。それどころかサーマルが出ているタイミングで順番が回って来たのはラッキーでした。


5投合計で199秒。とても良いタイムです。この時点でワタクシがダントツでした。
しかし、この記録を見てしまったのは失敗でした。「入賞」と言う煩悩の神様がワタクシに降臨しました。



続く2ラウンド目。なんだかスルスル降りて来てしまい、タイムが伸びません。ちょっとムキになった3投目、全力発航時に違和感がありました。主翼がグニャッとなった感じが指に伝わって来ました。この時はそれほど悪い滑空じゃなかったのですが、念のために、次から2番機に交代させます。これが失策。4投目は右に低く出て、途中からテンプラ気味のアップアップ。原因がわからず、5投目も同じ失敗。2ラウンド合計は129秒と言う体たらく。こんなに気流条件が良いのに。1ラウンドと合わせると329秒。他のパイロットからの激しい追い上げに、アドバンテージが無くなって来ました。




ここまでで、お昼休憩です。顔が真っ赤になり、日に焼けたことに気がついて、慌てて日焼け止め。もう遅いか。。。

3ラウンド目は、とっておきの4番機。3番機を放っておいてキャリングケースから取り出して組み立てました。この機体は、全日本決勝用に取って置いた、大事だいじな機体なのですが、風が弱いので、急遽使うことにしました。お昼休み中もしっかり調整。今思うと結構真剣だったかも。でも、3ラウンド目が始まる前にスタミナが切れて来ました。
やばいよやばいよ。



そして3ラウンド目が始まりました。
1投目の結果で、とうとうアドバンテージを失って、ビハインドが発生しました。
(そんなに悪くはないんだけどなぁ。)


「マズイな」「スタミナが。。。」
この3ラウンド目は気流条件が良くなく、多くの方がスルスルと降りて来てしまいます。あまりタイムに差が出ない感じです。苦しいけれどここで失投したら、リカバリは難しそうです。

「煩悩の神様にはしばらく離れてもらって、集中集中。」

力まないように素早く腕を振り抜いて、
「ドリャーっ!」
それでも22秒。
そして最後の1投。
「ドリャーっ!!」
人差し指に、ピシッと良い感じ。
高いところで綺麗に返りました。さすがとっておきの機体。37秒飛んで、3ラウンド目の合計は140秒。
何とか逃げ切った感じです。


結果発表!

なんと、優勝出来ました!!(^^)

全合計は468秒でした。


あの優勝カップ、なんとワタクシのところに来ました。
ウレシーィ!!


ちゃんと名前も入れてもらっています。

そして、優勝のメダル。
いいですね!

今回、新型機のデビュー戦でしたが、大きな実績を作ることができたと思います。一方では、強者たちの綺麗な上昇、華麗な返り、スマートな滑空を見ると、まだまだポテンシャルを上げる余地があることを痛感しました。

改善、性能向上にはゴールがないですね。
またまた、やる気が出てきました。
(最近、ちょっとモチベーションが落ちていたのよね。)

それから、このカップ。
子供の科学で有名な、二宮先生のサイン入りです。二宮先生の寄贈です。紙飛行機の文化を次の世代につないで行かないといけませんね。

このカップは、来年の開催までしっかり我が家で預からせていただきます。



2017年9月30日土曜日

少しづつ増産。間に合うかな?

R590が完成しました。
まだ、1機目です。あと2機ぐらい作らないと。
それにしても、R590は主翼上反角が小さい。うまく返るかなぁ。


ノーズが長いので返りづらいのですが、とてもカッコいい形状です。



そして、自由機。
FC78A NEXTAGE
増産ペースが全く上がりません。決勝までに必要な機体数が確保できるかなぁ。




最近、天候やら、仕事やら、ゴルフやらで、飛ばす機会が確保できていません。明日は飛ばすぞ。

2017年9月18日月曜日

全日本選手権の決勝進出の案内が来ました。

ついにワタクシのところにも、全日本紙飛行機選手権大会の決勝進出の案内がきました!

今回は、仙台の自衛隊駐屯地が会場になります。会場までのアクセスに関する注意事項も載っています。結構アクセスが大変なのね。脱出も大変そう。


その決勝に向けて、機体の準備を進めていますが、作っている量と損耗がほぼ拮抗している状況。なかなか、機体は増えてくれません。


今週末は台風襲来の影響でほとんど練習と調整ができませんでした。そのかわりに、ある程度纏まった製作時間を確保することができました。

そうだ、Racer590も作らないと。。。
予備の胴体も作り置きしないと。。。
もう、大変!


2017年9月3日日曜日

気持ちよか~っ!

慣れない九州弁のタイトルでごめんなさい。
(とはいっても、小学生の頃、福岡に住んでいたんです。)

今日は台風一過。
早朝は天気も快晴。風もほとんど無風。ちょっと涼しい感じで、なかなかのフライト日和です。

昨日完成させた2機のテストフライトです。

まずはシャボン玉機。


肩が温まるまでは、相対的に厚翼であった3号機までと大して変わらなかったのですが、
十分に肩が回りだすと、こちらの方が少し到達高度が出るようです。


とはいっても、バラつきの範囲内ですが、アベレージとしては、1mぐらい高い感じかな?
(2mも差はない程度)
あくまで目測なのですが、思惑通りの傾向が見られたことは良かったです。


少し薄翼にした分、相対的に滑空時の浮きが悪くなることを気にしていたのですが、特にそんな感じもしませんでした。シメシメ。
う~ん。気持ちよか~。


しばらく、この翼厚で作ってみよう。
今までもそうでしたが、知らず知らずのうちに、翼厚が厚くなってしまうんですよね。
(滑空性能を上げたいという煩悩の成せる技)

そして5号機。



この機体のフライト画像はありません。
何故かって?
2投目で胴体をポッキリやってしまいました。なぜか強烈なスパイラルダイブ。後で良く観察してみたら、左右の主翼で迎角のセッティングがずれているようです。
こんなぐらいでスパイラルダイブになっちゃうのかな?
家に帰ったら、胴体を交換しよう。
来週、交換した胴体で再テストフライト。


2017年9月2日土曜日

NEXTAGE 追加製作

北海道旅行から帰ってきてからの製作です。
4号機、5号機、2機同時製作です。結構製作時間が短くなってきました。効率的に作れたのかな?
2週間で2機同時に仕上げたのですが、流石に辛いものがありました。気分が乗っている時に細かい部分を作り込むのは楽しいのですが、そんな贅沢は言ってられず、時間に追われながら、眠い目を擦って作り上げました。
別にそんなに急ぐ必要はなかったのですがね。。。

5号機です。こちらが先に完成しました。

4号機と5号機は、主翼内部のスパー厚みを減らして、主翼厚みを薄くしています。ちょっと調子に乗って厚くしてしまったので、元に戻したという感じですね。


この機体は水平尾翼補強版形状を変えてみました。ちょっとだけ軽くなるはずです。

ちょっとだけ軽くなりました。
30grを切りたかったのですがね。もうちょっと工夫の余地があるかも。


こちらは、4号機。
シャボン玉カラーリングです。
爽やか系で行こうと思ったのですが、ちょっとしつこかったかな?

4号機と5号機はカラーリング以外はまったく同じです。

でも、こちらはチョッと油断してしまった。


先日、2号機のひまわり機体(青)は草むら没。3号機のひまわり機体(黄)は主翼をガードレールに衝突して損傷させてしまったので、夏空に映えるひまわり機体を見ていない。

なので、6号機目はひまわり機体にしようかな? 遅咲きのひまわり。。。
カラーリングを考える手間もいらないし。。。












2017年8月20日日曜日

家族で北海道旅行(ダイジェスト)

うちの子供たちは二人とも大学生。
普通だったら、親とは行動を共にしないのですが、「北海道にいく?」の一言を発してみたら、各自で予定を調整し始めました。
3泊4日の北海道旅行をダイジェストでお届けします。(ちょっと長いですよ。)

【1日目】
羽田空港で雨、新千歳空港では本降り。
まずはレンタカーを借りて、道東道をとおって帯広の方まで。

懐かしい幸福駅に到着する頃には雨は止んでいました。


なんか、昔と変わっていない。
うれしいな。



電車の中には、昔の写真が展示されていました。
どうです?懐かしくないですか?この風景。
私が大学の時にアルバイトで資金をためて、バイクで日本一周にチャレンジしたのはこの時代です。
私にとってはとっても懐かしい風景です。バイクの種類も服装も。。。





【2日目】
帯廣神社で出会ったエゾリスです。
可愛いい。
実は初日、ワタクシ以外、エゾシカを目撃しているのです。
なぜワタクシだけ見ていないのか?
それは、ワタクシが運転していたから。。。


帯広から富良野に抜けます。
かなり省略しましたが、
富良野に着く頃には雨は上がりました。
みんなが一度は訪れるファーム冨田です。ラベンダーはほとんど終わっちゃったけど、まだまだ見事な見応えです。




ファーム冨田から少し北上したところにあった、フラワーランドです。
こちらはさらにスケールがデカイです。
子供達よりも、ワクワク、ウキウキです。







このあと、さらに北上して美瑛のあたりまで。
パッチワークの路です。
曇っているのが残念ですが、雨が止んだだけでもありがたいこと。
気分は、もう、「北の国から」。レンタカーの車内でも、その音楽ばっかり。
明日もなんとか天気がもったら良いなぁ。
もう一回ココに来たいなぁ。

これは、ケンとメリーの木。


セブンスターの木。



マイルドセブンの丘。


北海道のいいところを満喫した一日でした。


【3日目】
宿泊先の近所にある、「青い池」という湖です。太陽光は差し込んでいなくても、その神秘さは十分に感じ取ることができます。



北海道にはひまわり畑が至る処にあります。

恋愛の神様が祀られている、美瑛神社です。
御朱印がとても綺麗な神社です。


再度美瑛から南下して、広大なお花畑。四季彩の丘というところ。子供達も大変気に入ってくれました。
ワタクシの気分もサイコー!!

ちょっと流石に「やり過ぎじゃないの?」という感はありますが、実際に見てみると圧巻です。ドキドキするぐらい綺麗な絨毯です。


パッチワークの路です。
これぞ北海道って感じの景色が続きます。


一面、蕎麦の花です。

これが、蕎麦の花。
初めてじっくり見ました。




【4日目】
早いもので、もう最終日。
今日は旭川を超えて、北竜町のひまわりまつりに行きます。その後はひたすら南下して、羊ヶ丘に向かいます。今回は初心者コースでしたが、ワタクシ達夫婦も20数年ぶりのであったこと、お子様達は初めてだったこともあり、このコースで良かったかなと思っています。

そして、北竜町のひまわり畑。
ちょっとしつこいぐらいひまわりが出てきますが、許して。
ひまわりが大好きなので。。。












このあと、道央道を一気に南下して、羊ヶ丘展望台のクラーク卿です。
少年よ、大志を抱け! です。
もちろんこの像の前で記念撮影をしました。



札幌ドームです。


お昼ご飯は、サッポロラーメン。ごく普通のラーメン屋で頼んだフツーのサッポロラーメンです。食べていたら、その昔、バイクの日本一周ツーリングで初めて食べたサッポロラーメンと同じ味がしました。というか、正確には、思い出しました。確かこんな味だったのを思い出しました。

嫌々ながら、空港に戻ってきたのですが、空港内はUターンラッシュでごった返し。ある程度は予測して計画していたのですが、手荷物預かりカウンターの大渋滞は想定を超えていました。なので夕食は機内に持ち込んだ海鮮弁当。本当は新鮮な海鮮でビールをグビッとやりたかったのですが。。。
でも、とっても充実した旅行でした。現実の世界に復帰するのが大変。