2018年7月22日日曜日

栗原ひまわりまつり

ひまわりネタばかりですみません。

昨日の分の投稿です。
座間市の栗原地区でひまわりまつりが始まりました。ほぼ毎年見に行っています。


しかし、暑いあつい。
まだ朝6時なのに、汗がじっとり出てきます。

見事なひまわり達です。



ブンブンブン、ハチが飛ぶ。。。
ミツバチが黙々と蜜を集めています。

ハチの足には大きな花粉団子がついています。
ハチにとってはご馳走なんだろうな。

早朝の青空をバックに咲くひまわりは、何度見ても飽きないですね。


今日もいっぱい元気をもらいました。
夏はいいね。
(おじさんには耐えられない暑さだけど。。。)

参加できず! 二宮杯予選。

今日のために、少しずつ製作してきた機体ですが、今日の二宮杯予選(武蔵野での最終予選)は仕事のため、参加できませんでした。

ひまわりカラーリングの通算6機目です。


この機体は、水平尾翼の翼幅を8mm伸ばして、水平尾翼容積を大きくしています。
重心を後ろに下げて、フライト時の安定感を求めています。
ただ、尾翼の剛性が低くなり、ビヨンビヨンになってしまいました。もう少し補強しないと、扱いにくいですね。

機体重量は増えも減りもしないといった感じ(若干軽くなってはいるが)。もう少し軽く仕上げないといけないな。
最適重心位置をもう少し後ろに設定したいところ。


この機体で二宮杯予選に参加したかったのですが、あいにく午後から会社。昨日も会社だったので、結構ぐったりです。まっ、しょうがないか。

予選参加の皆さん、今日は恐ろしく暑いですが、体調に気を付けて頑張ってください。
ただし、くれぐれもワタクシの記録を上回らないようにね!

特にR-590は予選落ちスレスレなのです。あぶないあぶない。

2018年7月19日木曜日

秘儀! ハンドランチの心構え

先週の三連休、仕事もありましたが、しっかり朝練もできました。

それにしても暑い!
あらゆる熱中症対策をして出発します。
朝5時30分頃から始めるのですが、肩慣らしをしただけで汗が吹き出します。


相変わらず、投げがヘタクソで、理想の高さと返り方には程遠いですね。
いろいろと機体調整をするのですが、発航そのものにバラつきが大きいので、効果があるのか無いのかサッパリ。
そのうち、暑さに負けて撤収。

しかし連休最終日だけは何とか成果を出したい。
いい感じのイメージをしっかり身体にしみ込ませるヒントぐらいは掴みたい。


ってな訳で、良いイメージを再現するヒントを整理しました。これが出来たら、とりあえず80点ぐらいのハンドランチは出来るかな?

【準備】
・機体を握るとき、人差し指は主翼にチョッと深めにかける。
・親指は機体の角にしっかり当てる。
・左手を伸ばして手のひらを狙う方向に向ける。両肩から肘を一直線にする。
・右手に持った機体を手首を使って左右に振り、人差し指の感覚を感じる。
・今度は手首を縦に振ってスナップの感覚を感じる。
・左手を一度降ろす。
【発射動作】
・右手に持った機体は右胸のあたりで機首を少し上に向けて(首を狙う感じ)構える。
・重心をしっかり右足に乗せる。
・左手を伸ばして狙う方向に向ける。両肩から肘を一直線にする。
・軽くサイドステップを始める。
・同時に右手を下後方に下げる。この時機体の向きは変えない。手首を捩じらない。
・出来るだけ最後まで左手は伸ばした状態を維持する。(身体の開きを遅らせる)
・肩と肘を使って、右手を一気に加速する。(力を入れずにムチのしなりをイメージ)
・左手を急速に左に縮めて、一気に上半身を開く。
・上半身は軸が左に逃げないように上に伸ばした状態で開く。回転軸は垂直に保つこと。
・腕の振り抜きはスピード重視。
・リリースの瞬間はパチン!
【リリース後】
・すべてのエネルギーの流れを人差し指に感じること。
・上昇する機体は目で追わない。
・地面が見えるまで腕から上半身を振りぬく。
・上昇した機体は右から見上げて探すのではなく、左から見上げて探す。

これは、本日の成果を忘れないようにするために覚書きしたものです。

投稿してしまうと、秘儀でもなんでもなくなりますね。
でも、これはワタクシのクセに基づいたワタクシにしか効果のない秘儀だと思います。

なので、真似しても飛ばないよ。多分。